たもたす。

人文系が好きなアラサー社会人です。読んだ本、観た映画、日々の記録。好きなピアニストはリパッティ。

エージェントモード、fitbit

fitbit を購入して10日が経った。毎日6時に起きて約3〜4キロのコースを20分くらいでゆっくり走る。身につけているのはメッシュ生地のタンクトップ、下はユニクロのエアリズム。左腕にfitbit altaHR、右手にマンションの鍵。
20分も走れば、心拍数は140前後まで上がり、快楽物質が脳内に行き渡る。息が上がってぜいぜいすることはない。走り終えたら心拍数が100に下がるまでクールダウンし、シャワーを浴びて髭を剃る。リビングに戻ってアボガドにオリーブオイルをかけたサラダを食べて、ティファールで沸かしたお湯でインスタントコーヒーに無塩バターを一欠片落としたバターコーヒーを飲む。これまでで約一時間だ。それから家の横にあるドトールに入って、更にアイスコーヒーを飲む。通勤の電車に乗るまで30分間の時間がある。メールの返信をして、本を読んでSNSを開く。乗る電車の5分前になると全てを鞄にしまってkindleか本を脇に抱えて駅へ向かう。ドトールから僕がいつも乗る駅の3番線ホームには、4分あれば余裕で着くからだ。

この一週間はスタンレー・ミルグラムの『服従の心理』を読んでいたのは昨日書いた通りだ。エージェントモード。職場に着く頃には、僕はエージェントモードに入っている。お喋りをして仕事をしない人たちに対して不機嫌になり、上司の意思は自分の意思であるかのような、責任感 ー 血税によって生きているという責任感、それが権威システムの命令によって産まれている義務感との違いを僕は区別できていない ー があるため、真面目に結果を出さない人間が好ましく思えないのだ。それは、小学校の頃の掃除の時間に真面目に掃除をしない人たちへ感じていた不満感と通じるものがある。僕は再び学校の教室の中に戻ってきたのだろうか?

fitbit のようなウェアラブル端末は久しぶりに心踊る体験だった。僕には、自分の全てをコントロールしたい欲望がある。いつも心打ち砕かれているわけだが。一番は、欲望をコントロールできないことだ。よく言われるように、それを意思の力のせいにするのではなく、アーキテクチャの部分から統制していく方が賢明だ、とは常々思ってきたことだった。あらゆる日常の生活を客観的な数値に置き換えることがその一助になることは間違いない。

ゆくゆくはこうした生体情報が医療分野や福祉分野で行政が活用しようと乗り出してくるのではないだろうか。Googleの『第5の権力』に書かれているように、最早テクノロジーとプライバシーは対置されるような概念ではなくなっている(要出典!笑、確かそんなことが書いてあった)。人々は進んで個人情報を提供しているし、それはairbnbやマネーフォーワードなんかを見てるとよく分かる。進んでリスクを受け入れて、体験を手にする。そうしたテクノロジーを使ってリスクを受け入れる時、私たちはエージェントモードに入っている、とは言えないだろうか。

服従の心理 (河出文庫)

服従の心理 (河出文庫)

第五の権力---Googleには見えている未来

第五の権力---Googleには見えている未来