Tagebücher von Tamo

慶應出たけど残念なアラサーの日記です。

近況報告

近況報告

5月の末から、なんというか仕事モードに入っていた。まぁ、それだけいろんな仕事が重なって降りかかってきたというのもあるけれども。一点突破型のスタイルで、なんとか、1ヶ月ほど経った。結果として、かなり消耗した。四月から五月にかけてはのんびりとジョギングをするようなイメージで仕事をしていたのを、ギアを上げたためバテたというのが正しいか。この土日は色んなものを犠牲にして休養している。
先週、先々週と演奏のほうで本番があったことも大きい。やはり、それなりに疲れる。うまくマネジメントをしていかないと。

アレルギー

食物アレルギーは、依然として良くなっていない。

仕事

いまの仕事をなぜやっているのか、と聞かれたら、とりあえずお金をもらうため、という以上の答えが出ないと思う。結局、手っ取り早く、いまの僕の能力で、一番楽にお金を毎月貰う方法、というのが、今の職業を選んだ答えになるんじゃないか。

明日やること

・メールを返す
・ラインを返す
・既に始まっているオーケストラの製本をする
・予定を手帳に落とし、把握する
・疲労回復のため風呂に3回入る
・疲労回復のため40分ほど走る
ユニクロで必要なものを買い足す
・落合陽一の本を買って読む

米と小麦のアレルギー(食物アレルギー)の人たちへ

 僕はいま米と小麦がダメで、炭水化物はもっぱらサツマイモ、バナナから摂取しています。米と小麦というと、ほぼ主食。食物アレルギー患者の場合、こうなると基本は除去食しか対処ができないのですが、二大主食が食べられないと外食はほとんど不可能です。つきあいでの食事や飲み会はほぼ食べられません(インタールという薬を飲んで食べることもあるけど、かなり控えます)。結構つらい。お腹も空くし、体重も減ります。でも、その中でもジャガイモやサツマイモにはアレルギー反応が出ないという人は一定数いるはずです。僕はジャガイモもダメでしたが、サツマイモは大丈夫でした。

 僕と同じように米と小麦がアレルゲンとして反応してしまう人がいたら、オススメなのがこれです。普通に家でサツマイモを蒸して食べるのが一番安上がりで良いですが、より甘みがあって美味しいです。サツマイモしか使われていませんし、パッケージもおしゃれ。僕はこれを職場に持参してお昼に食べています。1袋220gで約600カロリー、結構食べ応えがあります。なかなか店頭で見つけることができなくて、やっと見つけたと思ったらAmazonで買うより1個あたり30円ほど高かったのでAmazonで箱買いしました。レビューを見ると「硬い」やらなんやら色々書いてありますが、まったく問題ありません。中には硬いのもありますが、店で買うのと一緒です。

 サツマイモが大丈夫なら芋けんぴも大丈夫だけれど、油と砂糖まみれだし、こっちの方が健康的です。たまに芋けんぴも食べたくなるけど(その時は成城石井なんかで高いのは買わず、ローソンとファミリーマートの100円の芋けんぴを買っています)。

あとは、僕の中では有名だけどこの前同じくアトピーと食物アレルギー持ちの友人に聞いたら知らないと言っていた越後製菓のAカットごはん。昔は直接通販サイトで申し込みしていたけど、いまはAmazonで買えるからかなり便利。

 完全にアレルゲンがカットされているわけではないけれど、米のアレルギーを疑ったらまず試してほしいのがこれ。僕は高校生の時のお弁当のごはんはこれでした。かなり助かってたと思うし、いまでも箱買いしています。でも、本当にひどい時にはこれを食べてもアレルギー反応は出ます。でもかなり抑えられる。
 多くの食物アレルギーの人に届きますように。