たもたそ日記

生活について書きます。

無題

無題

友人と飲んだ。人生が短いことについて、最近考えることが増えたことを話す。生き辛そうだ、と言われる。大半の人は、そんなことを考えては生きていない、と。
私は切実に思っている。

無題

もともと変化を嫌うほうだ。
朝走りに出て帰宅し、シャワーを浴びる。ご飯を食べて練習するか、ドトールでアイスコーヒーを飲む。また練習をして、「ああ、もう午後3時だ、都内に出るには今出ないとレッスンに待ち合わない」と思う。そのまま5時くらいまで練習を続けてしまう。家を出て、駅構内になるドトールでまたアイスコーヒーを飲む。電車で移動して、レッスン最寄駅の喫茶店で本を読んで過ごす。そのあと、近くのスーパーで少し小腹を満たしてからレッスン。毎回このパターンだ。

気分転換が必要だと思いつつ、新しい景色を触れる事が出来ていない。そうは言えど、金曜日は宴会で楽器を弾き、土曜日は友人の家に招かれてピアノを弾かせて頂き、昨日はちょっとしたパーティにも出た。

おそらく一人で旅に出る機会が足りていない。美術館にも足を運んでいない。公園の散歩もしていない。練習もしたいから、なかなか時間も足りないのであるが。

無題

確かに、楽器を複数ものにしていることを褒められることはある。僕はどれも中途半端だという風に思っているから「そんなことはないのですよ、どれも中途半端ですから」と答える。

無題

私はもう少し、どちらの楽器も腕を上げたい。世の中に溢れている定型的なメッセージとは違う言葉の使い方で、異なるメッセージを伝えられるようになりたい。また、その世界の者同士でなければ読み取れない言語によるコミュニケーションを楽しめるようになりたい。芸事であれば何でもそうかもしれないが、「その道の人同士にしか伝わらないこと」と「その道の人でなくても伝わること」がある。裾野を広げるためには後者を意識するほかないけれど、そのためには、一度前者を経由するほかない、ようにも思う。保守的な考え方でしかないかもしれないが。

無題

本番まで1日たりとも無駄にしたくないのに、マスターベーションでしかない練習を入れてこようとする人たち。愛すべき人たち、かもしれない。

無題

宗安先生、お元気ですか。
僕はまたピアノを習っております。せんせいに習っていた中学生の頃は、全然練習してませんでしたが、それでもワルトシュタインや熱情を弾かせてくれました。全然、それがどんな曲か知らずにいましたが、せんせいが選んでくれた曲だったので、なんとか発表会でも弾いてました。中学の文化祭でも弾きました。全然、今思うと音楽ではなかったかもしれませんが、でも、弾きました。
今は、もうあの頃のようには弾けません。
でも、あの頃の自分を越えようという一心で頑張っています。今取り組んでいる曲は、熱情の1movです。先生に言われて3楽章を弾いて、あの曲が好きでした。1楽章は、3楽章よりも難しいです。きっと、1楽章がちゃんとものにできれば、僕はあの頃の自分を超えられると思います。どうしても、あの頃の自分よりも先に進みたいです。一人で音楽をすることがつまらなくて、オーケストラが好きになりましたが、また、一人で音楽をすることに戻ってきました。とても楽しいです。是非先生に聞いて頂きたいです。
まだお元気でいらっしゃいますか?