たもたそ日記

生活について書きます。

元旦

元旦

起きて30分のランニング。帰宅して家族とおせち料理をゆっくりと。こうして過ごせる元旦が、あと何回もない事を考えたりする。
その後、空いている喫茶店で2時間と少し本を読んで過ごし、帰宅してピアノの練習。夕飯を取り、ヴィオラの練習。すると、もうこの時間。なんてことのない休日の延長。明日と明後日は、夜に予定を入れたので、こうしてこの連休も過ぎ去って行くのだろう。

限界

限界は自分が作る。それはその通りとして。自分で作った限界に、肉薄すればするほどに、「これ以上ここに近づいてはいけない」というような力が働くように思う。恐怖心のような、恐れのような。とにかく怖いと思って、腰が重くなる。「今の自分」が心地よく、変わりたくないからだろう。逃げ出したい、変わりたくない、そういう気持ちが、だらだらと過ごす時間を延ばさせる。それを超えていくこと。

無題

自分が、それまでの自分ではない自分に変わっていこうとする時には、どうしたって今のままでいたいという力が働く。それを恐れないこと。