たもたそ日記

生活について書きます。

無題

5月にベートーヴェンに再び取り組みはじめてから、一日たりとも練習しなかった日がない。必ず、48時間以内、厳密には36時間以内に弾き続けている。僕の中で、プライオリティがびよらよりも高くなった。
先週、今週とオケの練習が続く。本番が近い。オケをやっていなかったら、今のモチベーションにもなっていないし、仲間を得られたのはオケのおかげだから、おろそかにはできない。それに、ここから僕は音楽を学んできたのだから。
----

来年はハイドンバリエーションの二台ピアノ、熱情全楽章、メントリか大公トリオ。
9月下旬まで悲愴は、ちゃんとプロに近いレベルに肉薄できるよう仕上げる。問題はそのあとだ。

これほど切実な問題として音楽を捉えるのは、高校生の時以来か。でも、当時の切実さと、いまの切実さは、やはり異なるだろう。
--------
焦っても仕方ない。出来る範囲で、出来る限りのことを続けよう。毎日。
-----
オーケストラの中で弾くのとは別の音楽の作り方をしないといけない。オーケストラの中で弾く場合、基礎的な部分つまり音程、リズムなどを見て行くと周りが音楽を作ってくれる部分もあるから主体的な音楽面へのアプローチというのは無くてもぶっちゃけ「優れたサイドプレーヤー」くらいにはなれちゃったりする。でもピアノはそうはいかない。ソロだし。