たもたす。

比較文化、哲学あたりの人文系が好きです。社会学や現代思想も少し。読んだ本、観た映画、日々の記録。

『夜明けの祈り』感想(完全にネタバレ)


アンヌ・フォンテーヌ監督の『夜明けの祈り』(原題:Les Innocentes)観ました。本当に本当に素晴らしい映画だったので、感想を書きます。完全にネタバレです。

あらすじ

 1945年12月のポーランド赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。
(filmarksサイトより引用)

もっともっとあらすじ

 舞台は1945年のポーランド修道院。祈り、神の愛に生きる修道女たちにとって、戦争は到底受け入れられる現実ではなかっただろう。ポーランドという国に生きるキリスト教徒について私はよく知らないが、この映画を語るに当たってポーランドという国の歴史はおそらく無視できない(が、特段触れなくても素晴らしい映画だと言えるくらいまで映画として高められている)。
 修道院という場所は一見すると戦争から隔離された安全な場所であるように思えるが、侵攻してきたソ連軍兵士によって修道女の多くがレイプされ、身籠ってしまう。到底許される行為ではなく、望まない妊娠をさせられてしまう。この事に彼女らに罪はない=Innocent。しかし修道女が身籠もるというあってはならない罪を、彼女らは受け入れることが出来ない。時間とともに修道服の上からでも分かるくらい大きくなるお腹は、イメージとしてかなり異質で異様、狂気だ。このイメージの表現は、映画という物語形式でしかなし得ないものだ。修道女らはその異様な光景を否認する。どう対処してよいのか分からない。そこに、フランス赤十字の医師、マチルダが現れる。マチルダが身を尽くし手を尽くし、修道女らのお産を助け、修道女の中にはベールを脱ぐ=信仰に生きるのではなく一人の母として生きることを選ぶものも現れる。
 身籠もるという罪を犯した修道女たちが、どう新しい命(祝福されるべきもの)に対峙するのかという葛藤、医師として命を助けることを第一と考えるマチルダが直面する、信仰のためには命を犠牲にする修道女たちの行為、作中には数々の相容れない緊張要素が散りばめられており、この映画を深みのある芸術にしている。

レイプの現実

 まず、レイプされ身籠もる恐怖がどういうものなのか、観客はイメージでしか知らない。私もそうであった。立派な犯罪でありながらニュースや活字でしか知らない。だが作中にもしっかりとレイプがどういうものか、ありありと描かれる場面がある。マチルダが修道院から赤十字へ帰る道中、ソ連兵に強姦されそうになる場面がある。強烈で息を呑むシーンでありこの作品の中で一番強烈な場面だが、このレイプシーンが描かれることで観客は実際に修道女に起きた出来事を我が身のこととして体験する。戦時下に身の危険を冒して出産の手助けをする危険が描かれる。

修道院イデオロギーとマチルダ

 また、マチルダについて触れると、この映画で描かれるこのフランス人医師の考え方は合理主義、生命第一、自由恋愛。この三要素の象徴として描かれる。貞節を守り処女であるシスターがいる中で、そうした生き方と矛盾する存在として描かれる。マチルダが腑抜けた男性医師と一晩を過ごす場面がある。マチルダが下着姿でベッドから起き上がり煙草をふかすシーンは、明らかに狙って描かれたシーンだ。肌を見せてはならない、淫蕩を慎むという修道院イデオロギーに対して「なんと簡単にやっちゃうのか」という印象を観るものに与える。その美貌のフランス人医師が危険を冒して修道女を手助けする、その気持ちは修道院イデオロギーに共感していたわけではない。自由主義の印として描かれる彼女の行動に修道女たちが考えを変えていくことが描かれる本作は、あえていえばポーランドという国の歴史にオーバーラップされる(あまり詳しくないがそんな気がする)。ともかく、ここにも修道院イデオロギーに対するマチルダの自由恋愛という軸の緊張要素がある。

修道女でありながら母であること

 作品の途中では、出産を祝福しようとする修道女が現れる。修道女らの心情の変化である。院長は頑なに現実を否認し続け、新生児を棄てるのだが……。シスター・マリアはその中でマチルダと共に母であることの喜びに共感を示すようになる。中には、自分をレイプしたソビエト兵士と結婚すると言うシスターも描かれる。マチルダは絶句の表情を浮かべるのだが、レイプという悪を一元的に描くことをしない監督の意図が感じられる。それは、現実を受け入れたシスターの前向きに生きようとする勇気と言い換えることができるだろうし、信仰が唯一絶対のものではないということを表している。

ラスト

 陰惨な体験の後、ベールを脱ぐ決断をした者もいた。母であることを選んだということだ。レイプされ身籠もるという罪を犯した後、1人の母として生きることを選びベールを脱ぐという決断をするということがどれほどの自己変容であるか、少なくとも私にはそう簡単には想像がつかない。ベールを脱ぎ、美しく長い金髪が画面に映る瞬間はこの映画の中で色彩的に一番鮮やかだ。
 また、最後には修道女たちが乳飲み子を抱きかかえながら並んで写真を撮る場面が描かれる。とても異様な光景だ。だがしかし、この場面は深く静かな感動を覚えさせるものだった。避けようのない出来事、恐怖から彼女らが前向きに生きているという姿は、相容れない矛盾を抱えながらも信仰に生き続ける者の強さを完膚なきまでに描き切っている。その強さは、一枚岩ではなく、自己矛盾を抱えながらも変容を遂げた者だけがもつ真の強さなのだろう。