Tagebücher

慶應出たけど残念なアラサーの日記です。

無題

人間、物語を必要とする。生きるためには。意識していなくても、人は何かの物語を信用している。信頼している。ある物語では生きられなくなったとき、新しい物語を必要とする。