ブラームスop.25

今度このブラームスのピアノ四重奏曲を演奏するため聴いている。いろいろ音源はあるけれど、このフォーレ四重奏団の演奏はメトロノームにほぼ忠実で、突飛なアゴーギクはないけれど、そのテンポの中で表現しようとしている。ブラームスみたいなロマン派は歌いすぎて重くなったりテンポがずるずるしがちなので、こういうあっさり系を模範に据えて練習するのがいいのかもしれない。