たもたす。

比較文化、哲学あたりの人文系が好きです。社会学や現代思想も少し。読んだ本、観た映画、日々の記録。

伊東に行ってきた

今週のお題ゴールデンウィーク2017」
友人らがラフォルジュルネに出演しているのを尻目に、伊東に行ってきた。はじめ伊豆急下田がよいかなと探したものの、露天風呂付客室への憧れを捨てきれず、伊東の「東伊豆 今宵」に宿泊することに決めた。

【公式】東伊豆ダイニング 東伊豆今宵【最低価格保証】
僕はkindle unlimitedを契約していてozmagazineやHanakoはよく見ているのだけど、探してたら三島や下田の特集がくまれていて。で、下田セントラルというホテルも捨てがたかったのだけど、なんせゴールデンウィークのため値段が倍以上する。なので今回は今宵温泉で手を打つことに。GW中で客室露天風呂の宿としてはかなりリーズナブルに上質なサービスを受けられたと思う。

1日目

東京駅から9時発特急踊り子伊豆急下田行に乗る。指定席券が売り切れだったので特急券だけ買っておいて、自由席に乗った。
9:00発10:45伊東着の予定だった。ここでハプニング。
伊豆急下田行に乗っていたはずが修繕寺行であることに三島に着いて気がついた。自由席車両は途中で切り離されて修繕寺行きになっていたのだ。なんでやねん!

特急踊り子は伊豆急下田行なのか切り離される修繕寺行車両なのか要チェック

結局伊東には12:00に着いた。
[食べログ]アクセスが制限されています
数ある海鮮屋の中からここをチョイス。6組くらい待ったが、20分くらいの待ち時間で中に入ることが出来た。

海鮮ドーン!

城ヶ崎海岸

13:30頃の電車で伊東駅から城ヶ崎海岸駅へ移動。この際、伊東駅のコインロッカーに不必要な荷物は預けておいた(400円)。電車で20分ほど。
本当は「ぼら納屋」から歩きたかったのだが、時間の都合上まず門脇吊橋へ行くことを選択。

門脇吊橋

ここはことりっぷ等の旅行本にも記載のある場所で賑わっていた。


あまり高さが伝わらないけれどめっちゃ高い。このあと、旅行本に書いてあるとおり、ピクニカルコースを通って伊豆海洋公園と伊豆四季の花公園に行った。ピクニカルコースの途中は手すりもなにもない絶壁(中学生通しふざけて押したりしたら絶対に死ぬ!)があったので、伊東市観光課に電話したほうがいいんじゃないか。と思ったけどここに書くだけに留めておく。でもほんと、何かあってからだと遅い。

東伊豆 今宵

伊豆海洋公園からバスで修繕寺口まで行き、歩いて城ヶ崎海岸駅まで行く。そこから電車で伊東へ。
伊東からお宿へのタクシー代は宿が出してくれた(帰りの駅までのタクシー代も!但し大型連休外などの平常料金時もそうなのかはわからない)
お宿は本当に素晴らしかった!大浴場も綺麗だし客室の露天風呂も綺麗だし、お部屋も綺麗。ご飯も美味しい。ロビーも広くてモダンなつくりで綺麗だし、喫煙ルームも分けて設けられているし。トリップアドバイザー楽天トラベルやozmallで低い評価も見受けられるけど、本当に謎。今回は楽天トラベルから申し込んだためozmallに感想を書けないのが本当に残念…。

2日目

朝ごはんを8:00、チェックアウトが11:00にしてもらったのでのんびり客室露天に浸かる時間もあった。なお、朝ごはんとタクシーを呼んでもらう時間はいくつかの時間帯から指定可能。至れり尽くせり!です。コーヒーも美味しかったし。

伊東散策

ことりっぷを参考にことりっぷ通りに歩いてみる。まず東海館、次になぎさ公園。オレンジビーチはまだ5月なので眺めるだけ。でも十分楽しめた。
七福神の湯と伊東市内共同浴場 | 伊東観光協会オフィシャルサイト
七福神の湯については観光協会のマップが詳しい。

東海館

市川製茶湯の花通り店

我々はここで市川製茶 湯の花通り店に入ってお蕎麦とホットケーキを食べた。
市川製茶 湯の花通り店(伊東/カフェ) - Retty
海鮮を食べる人が多いので、昼時にもかかわらず待たずに入れてラッキー。

温泉、電車で帰京

市内の露天風呂に入って、熱海から東海道線+グリーン券で快適に帰りました。

まとめ

今回は伊東に宿を取った関係で伊豆高原や下田方面へ足を伸ばし辛かったです。伊豆高原や下田に宿を取りつつ、伊東、城ヶ崎海岸、と観光して宿泊地に夕方着、が良いかと。伊東は伊東だけで奥深い街で、ゆっくり丸一日かけて歩くのも面白そうでした。個人的には赤沢温泉郷と下田セントラルにはいつか平日泊まってみたいと思っています。あと、東伊豆今宵は本当によい(高台にあるため伊東の市街を見下ろすこともできる)ので、お宿でゆっくりするだけでも上質な時間を過ごせます。ご飯食べて寝るだけでは本当に勿体無いです。